凸Fuck eclipse!!


 ブログラマーの最大の敵といえば、バグにほかならないが、ことAndroidプログラムにおいては異なる。
Androidプログラムにおいて最大の敵とは、eclipseである。

  • 重い
  • 落ちる
  • 起動しない

 まるで後方より味方から狙撃されるがごとく、三拍子揃った最低な開発環境だ。

重い

 まず、起動が重い。
 スプラッシュが長いくらいはかわいいもんだ。
 ウィンドウが表示されてからも、まだ裏でロードしている…。
 それとぶつかるのか、すぐになにかやろうとすると、落ちることまである。

 そして、動作が重い。
 文字色や構文チェックをしているのはわかるが、他のエディタと比べると緩慢すぎる。
 また、ソースが長くなれば、それに比例して重くなる…。
 ヒントも最低だ。
 コードを打っている段階で、さまざまなヒントがでるのだが、それがまた重い。
 たしかにclassヒントなんかは便利だ。
 しかし、表示するまでフリーズしたような状態になるのはいかがなものか?

落ちる

 ワンショット・ライターのごとく、すぐに落ちる。
 それもコッソリ落ちる。
 なにもしていなくても、落ちる!
 なにが原因なのかサッパリ。
 時にはそれが原因で、ビルドできなくなることもある。

 Windows&javaという組み合わせがよくないのだろうか?
 Linuxなら安定して使えるのだろうか?

起動しない

 なにが最低かというと、これほど最低なことはない。
 突然、起動しなくなるのだ。
 役に立たないログ・ファイルを吐き積もらせて逝くばかり。
 起動しないプログラムはハードディスクのゴミだ!

 しかし、Androidプログラムではeclipseを使用しなければならないのが現状。
 なんとか、eclipseを使わずに開発できないものか…。
 Androidシェアをのばしたいなら、まず開発環境をなんとかするのが先決ではなかろうかね?

 これからAndroidプログラムをやってみよう、という方はくれぐれも覚悟した方がよいよ。
 ちなみに。
 ウチではウィルス・チェッカーにAntiVirを使ってるのだが、eclipseはトロイとして認識される。(w

 あ。また落ちてる…

Posted in 雑記. Tags: . 凸Fuck eclipse!! はコメントを受け付けていません。 »